市立ギャラリーいけだ
市立ギャラリーのスケジュール
ご利用について

ギャルリVEGA
ギャルリVEGAのスケジュール
ご利用について

イベント情報はこちらから

市立ギャラリーいけだ スケジュール
市立ギャラリーいけだ 2017年4月のスケジュール
開催
期間
4/5〜4/10
名称 クラフト樺展(大野博史・久美子)
“素材に夢中”
内容 日々の仕事の中で、感動するもののひとつに、木の木目の美しさがあります。まさに、自然が生んだアートです。小さな木片も、捨て難い気持ちになります。あとは、丹後半島の厳しくも豊かな自然が織りなす、日常の風景でしょうか。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
4/12〜4/17
名称 柴田幸子展
内容 池田のギャラリーで個展をするのは、6年振りです。良い絵が描けたら「しよう」と思いながら月日が経ってしまいました。
現在、白日会の会友です。全く先生には付かずやって来ましたので、自由気ままにやって来ました。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
4/19〜4/24
名称 白井武志水彩展
内容 昨年度に引き続き、今年も4月に本画廊にて個展を開催することになりました。毎回、多数の来場に感謝をしております。これまでも、風景を中心に描いてまいりましたが、今回、静寂な、穏やかな情景を表現しようと思っております。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   
開催
期間
4/26〜5/1
名称 北脇榮次 フォトスケッチ作品展
−信州・安曇野の四季−
内容 関西から信州・安曇野に移り住み5年。四季に見る季節のケジメと、じっくりと向き合ってきました。
「四季折々のうつろう景色を見つけ出す・・・」表現するテーマの私の行動の規範です。冬から春へ、春から夏へと・・・うつろう季節の中にどれほどの表情があるのだろうか・・・と、スケッチするかのように撮影してきました。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)   

市立ギャラリーいけだ 2017年5月のスケジュール
開催
期間
5/3〜5/8
名称 ゴールデンウィーク特別企画展
〈初公開!〉
二代目 桂春團治と手塚治虫
 (※塚は旧字体)
内容 平成28年1月に他界した上方落語の四天王三代目桂春團治の遺品から、父二代目春團治のポスター用のカット画9枚(肉筆画)が入った封筒が見つかりました。肉筆画の出処を辿ってゆくと…
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/10〜5/15
名称 谷本勇高水彩画展
内容  定年退職後、趣味として始めた水彩画の主な題材は猫と犬でした。猫の魅力はその瞳の色につきます。周囲の光の加減で、薄緑色から濃い青緑色になったり、その変化はまるで宝石のようです。
 また、犬はと申しますとそのユーモラスな表情(お人好しそうな)と毛並みが複雑で個性的で輝く程の美しさです。 
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/17〜5/22
名称 山本正二染飾展
内容  私の染の原点は、手描友禅が始まりです。
 その後、独自の技術を研究して現在に至ります。染額、タペストリーなどに、四季折々の樹木、草花、風景などをモチーフにした新しいファイバーアートとなっています。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/24〜5/29
名称 栃尾啓子 水彩画個展
内容  心和む透明水彩のやさしさ、さわやかさに魅かれ、少しでも自分らしい絵が描きたいと励んできました。四季折々、心に留まる風景、花々、人物など、描くほどに奥の深さに悩み、戸惑いながらも、良き先生方と出会い、刺激し合う仲間と一緒に、絵を描いているのが、何より楽しい時です。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/31〜6/5
名称 中山光弘水彩画展 “みずえの彩り”
内容  今年は、市立ギャラリーでの個展も10回をむかえたのと喜寿を記念して、スペインの田舎アルバイシン村と欧州、日本各地に限りない世界の花鳥風月を求めて描きました作品を展示いたします。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

市立ギャラリーいけだ 2017年6月のスケジュール
開催
期間
6/7〜6/12
名称 村本實邦(sanekuni) 水彩画展 
内容  勤めていた会社を定年になった時、迷わず絵を描くことにしました。初めは、こつこつと一人で油彩画を描いていましたが、或る時から水彩画の同好会へ参加するようになり、仲間達と行く屋外でのスケッチが楽しくなり、今はもっぱら透明水彩を続けています。  
開催
期間
6/14〜6/19
名称 上田  房 回顧展 
(クパージュ・アン・フォルム)
内容  数年前から考えていました、クパージュ アン フォルム回顧展。奇しくも以前にお世話くださった市立ギャラリーいけだで開催の運びとなりました。回顧展初日は私の83回目の誕生日と重なりお目出度い日と成りました。  
開催
期間
6/21〜6/26
名称 櫻井  聡 絵画展 
内容  主に風景、渓谷を描くことが多く、今回の展示も渓谷の絵を多く展示します。絵で感動を引き出すには、そのきっかけとなる印象を描くことだと考えています。その為、仕上げの殆どは自分の記憶をたよりに描くことにしています。  
開催
期間
6/28〜7/3
名称 前田勘治・俊樹親子展 
内容 父親は息子に言いました。
上手に描くより魅力ある絵を描くのだ!
息子は父親に言いました。
もう少し上手に描いたら?  

ギャルリVEGA スケジュール
ギャルリVEGA 2017年4月のスケジュール
開催
期間
4/5〜4/17 4/11休館)
名称 原田嘉コ遺作展
内容 平成28年4月13日に死去いたしました原田嘉コの遺作展を開催させて頂くことになりました。
雪の降り積もる里、どっしりと大きなかやぶき屋根。人が忘れつつある変哲もないしみじみとした暮らしや温かな想いを、雪の中で表現したいと筆を握っていた父の横顔を、展示しました作品から思い出として心に残して頂けたらと願っております。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
4/19〜4/24
名称 Ki:Ki工房作陶展「inside  out」
山下宏樹・マキコ
内容 山下宏樹と山下マキコは夫婦からなるユニットで、兵庫県三田市にて陶器や陶雑貨の制作を行っています。
今回の作陶展では、普段の外面的な作品とは相対する内面的な作品も展示します。対峙するそれぞれの面を同時に表すことで、今までの創作活動を見つめ直す作品展にしたいと思います。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
4/26〜5/1
名称 「美しき国ネパール」 堀口裕央
内容 なぜ里山、山岳写真作家なのか
その一枚を通して町興し
一つは、現役時代に仕事の関係で訪れた里山の風景に何か心温まる懐かしいものを感じ、これらの地の風土歴史の紹介を通じ、この風景を残し、村興しや地方振興の一助になればとの思いからです。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA 2017年5月のスケジュール
開催
期間
5/3〜5/8
名称 2017カルチャーVEGA 
合同教室展
内容 現在、いけだ市民文化振興財団の会議室で開催しておりますカルチャーVEGA教室で学ばれている生徒さん達の合同作品展をギャルリVEGAで開催いたします。多種多様な教室でそれぞれの雰囲気がありますが、どちらの教室も、みなさん楽しく参加されております。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/10〜5/15
名称 【Aブロック】
カルチャーVEGA教室展  
的場水彩画教室展
内容 自然の風景と四季の草花−命あるものの美しさに魅せられて、その感動を絵にしたいと、思いを共にする仲間達とこの教室で描き始めて早や6年。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/10〜5/15
名称 【Bブロック】
四人展 (油彩画の仲間たち)
  
内容 ギャルリVEGAでの第3回目の展覧会です。
私たち4人は定年後のシニアライフに絵画を選び、宝塚造形芸術大学(現・宝塚大学)のエクステンションコースで共に中村貞夫先生(新制作協会)のご指導を受けました。絵を描くことが日常の楽しみであり、生きがいにもなっています。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/17〜5/22
名称 ザ・スペース小品展  
内容 ザ・スペース作家集団は表現の可能性に向き合っている者の集まりです。それ以外のことは自由な集団です。ジャンルも平面(洋画、日本画、染色)、立体を問わず作家の自由です。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/24〜5/29
名称 塩屋信敏 椿と風景画展  
内容 この度、ギャルリVEGAで4回目の個展開催となりました。
椿を主に、桜島や身近な風景等を展示いたします。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
5/31〜6/5
名称 今井画塾
デルタ展 第10回
  
内容 3年ぶり10回目のデルタ展になります。
1999年、教室展の会場をギャルリVEGAに移すと同時に会の名称をDeltaとあらためて18年。ギャルリVEGAの開設以来お世話になりながら共に年月を重ねて来ました・・・
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 

ギャルリVEGA 2017年6月のスケジュール
開催
期間
6/7〜6/12
名称 ひじり会展  
内容  私たち「ひじり会」は総勢12名で、発足6年目の若い会ですが、全員和気あいあい、月二回の教室を石田先生ご指導の基、楽しく、かつ真剣に制作して参りました。  
開催
期間
6/14〜6/19
名称 グループ“らふ”
第33回 裸婦クロッキー展
  
内容  約30年余り前、池田市在住の画家、故・上坂浩通(こうさかひろゆき)氏の私的な呼びかけによる月1回の裸婦クロッキーの会と年1回のグループ展が始まりです。
 上坂氏逝去後は自主運営により、メンバーの入れ替りはあったものの、第33回の展覧会を開催できました。  
開催
期間
6/21〜6/26
名称 第41回
近代日本美術協会 大阪支部 小品展
  
内容  当団体は、毎年12月に大阪市立美術館にて公募展を開催する美術団体です。
 芸術作品は作家間のたがいの芸術論の交流によって、より磨かれる面もあります。
 美術団体にはそんな楽しみがあり、この小品展もそんな舞台の一つでありたいと思います。  
開催
期間
6/28〜7/3
名称 西陣美術織
若冲動植綵絵30図展
  
内容  西陣美術織工房では、昨年、生誕300年を迎え、全国でブームが巻き起こった伊藤若冲の代表作「動植綵絵と釈迦三尊像」33点を西陣美術織で復元いたしました。
 日本の伝統織物技術と若冲絵画の融合をどうぞお楽しみください。