市立ギャラリーいけだ
市立ギャラリーのスケジュール
ご利用について

ギャルリVEGA
ギャルリVEGAのスケジュール
ご利用について

イベント情報はこちらから

市立ギャラリーいけだ スケジュール
市立ギャラリーいけだ 2016年12月のスケジュール
開催
期間
12/7〜12/12
名称 川口美治 & しずよ展 (創作人形)  
内容 「ギャラリーいけだ」での妹と一緒の姉妹展も5回目を迎えることができました。ありがとうございます。
今回も羊毛やフェルトなどの材料を使用した楽しい作品を作っています。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)
開催
期間
12/14〜12/19
名称   
内容 ブランマルシェ2番館空調機器入替工事の為休館させていただきます。  
開催
期間
12/21〜12/26
名称 丹波谷友則展 (絵画)  
内容 絵の道に入って60年、いまだに迷いの途中です。
ハイカラな街、『KOBE』をテーマに色彩・フォルムにとり組んでいます。
光・風・街・人・そして女性と・・・  
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで)
開催
期間
12/27〜1/10
名称   
内容 年末・年始につき休廊とさせていただきます。  

市立ギャラリーいけだ 2017年1月のスケジュール
開催
期間
1/11〜1/16
名称 木目込人形と日本画展
−繁中美月・古角みよ子−
内容  この度、新春一番の展示会を開催する運びとなりました。雛節句に先がけまして、木目込による雛人形と様々な作品、加えて趣味の彫刻数点を展示させて頂くことになりました。
 未熟な義姪を支えてくれるのは、元豊中市美術協会々員の日本画家「古角みよ子」です。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)  

開催
期間
1/18〜1/23
名称 荒木 孝・天野朝春  染二人展
内容 「着る人の引き立て役として」 染二人展

 四季折々の自然の色、花の美しさ、古都京都の伝統の技、それらを集約したものが私達の染める着物です。そしてそれを手にとり帯をあわせて着て下さるお客様があって初めて私達の作り出す着物は完成します。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)  

開催
期間
1/25〜2/13 ※各火曜日は入替休館)
名称 六つのかたち展
内容  三週にわたり、各週二人ずつ造形作家達が“かたち”を表現します。陶、ガラス、漆と異なる素地で作り出したそれぞれの“かたち”。
 “かたち”から見えるもの、“かたち”の裏側に感じるもの、それぞれの造形作品と向き合って頂けたらと願っています。ご高覧下さい。

 PART1  岡部元信(陶)・大西政範(ガラス)二人展
 PART2  多田恵子(陶)・柞磨祥子(漆)二人展
 PART3  中谷悦子(陶)・稲葉広樹(陶)二人展 
開催
期間
1/18〜1/23
名称 六つのかたち展 PART1
岡部元信(陶)・大西政範(ガラス)二人展
内容 【岡部元信 陶】
 単純な形の組み合わせにより、動物や虫等の生物や、ロボットの一部や車などをデフォルメし、粘土独特のマチエールを活かし制作しています。

【大西政範 ガラス】
 イタリアのヴェネツィアで始めたガラス工芸。神戸にガラス工房をかまえ、電気炉を使ってキルンワークという手法で創作しています。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)  

ギャルリVEGA スケジュール
ギャルリVEGA 2016年12月のスケジュール
開催
期間
12/7〜12/12
名称 【Aブロック】
山田いつか/吉岡美穂子 2人展 “GIFT”
内容  地球に生きる生き物たちの“いのち”・・・
 それはとても大切な贈り物(GIFT)だと思います。身近な動物や植物たちの小さな“いのち”をモチーフに作品を制作している
 2人の銅版画作品展です。  
開催
期間
12/7〜12/12
名称 【Bブロック】
多賀保惠個展(絵画)
  
内容  今まで毎年個展をしてきましたが、しばらく充電期間をおいた方がいいと思い、6年ぶりに第12回目の個展を開くことにしました。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
12/14〜12/19
名称 【Aブロック】
Ribbon Lei Anuhea
ハワイアンリボンレイ作品展
高原 Ululea 美鈴
内容  ハワイでは大切な人への気持ちを表すためにレイを贈る習慣があります。レイには生花を使ったものでもたくさんのバリエーションがあります。木の実や貝殻、鳥の羽など材料も様々、それぞれに色々な伝統や意味があります。 
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで)  
開催
期間
12/14〜12/19
名称 【Bブロック】
人物デッサン・絵画作品展
くれは絵画倶楽部
内容  1990年10月に池田市で始めた絵画自己研鑽のサークルである。一時中断があったものの、2011年3月に教室を再開。「写実は省略と誇張である」をモットーに、又色彩も素描の上に成り立ってはじめて美しさを発揮できるものと考え、毎月1回約20名弱のメンバーで人物モデルデッサンに挑戦してもらっている。  
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)
開催
期間
12/21〜12/26
名称 【Aブロック】
GLASS ART  金剛ガラス半蔵展
内容  電気スタンドなど土台からすべて手作りのオリジナルガラスの製品を作成。箸置き、イヤリングやピアスなど小物もあります。 
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)  
開催
期間
12/21〜12/26
名称 【Bブロック】
松下由典  木の家具・木の小物展
内容  シンプルで、木の個性を活かした、長く使い続けていただける木の家具・木の小物の製作を続けております。 
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで)  
開催
期間
12/27〜1/8
名称   
内容 年末年始につき休廊とさせていただきます。  

ギャルリVEGA 2017年1月のスケジュール
開催
期間
1/9〜1/16
名称 コ 治昭 童画展  “ほっこりワールド”
コラボレーション4
  
内容  こんにちは。童画家・イラストレーターのコ 治昭です。
 ギャルリVEGA様の年明けスタートに展示をさせて頂きありがとうございます。
 毎年呉服神社のえべっさんの時期ですが、私が毎年描き続けてきた「七福神」もついに酉年まで来ました。そして今年もいろんなコラボ作品を発表します。
 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで  ※火曜日は開館) 
開催
期間
1/18〜1/23
名称 第17回
きもの絵師と その仲間達展
内容  今年も、着物伝統工芸士と染色作家と陶芸作家が集まりました。
 京都でも有名な、現代の名工達です。
 それぞれが新しく挑戦した作品を見て頂くために日々努力を重ねて参りました。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで) 
開催
期間
1/25〜1/30
名称 リアリズム9人展
内容  「不況の時ほど写実が流行る」と言われる通り、昨今の日本は写実画専門の美術館が人気を博し、専門誌も挙って写実画を特集するほどの写実画ブームである。
 そんな中、流行りに動ずることなく独自の写実画を長年に渡り描き続けている作家がいる。
 (開館10:00−18:00/最終日は16:00まで)