2017 8/30 [ ] 2017 9/4 [ ]
市立ギャラリーいけだ
  
水彩&PHOTO二人展
(増井直人&江口裕治)

“是と思えば何処までも”の同じ想いの二人展を今年も開きます。

■水彩画 増井 直人(川西市在住) 
 『山の邊の記』
 昨年の実績は280枚でした。少々下方気味になりましたので毎日1枚を目指して絵日記を始めました。少々辛い日もありますが、年末以来欠かさず描いています。
 昨年より山の邊の道を数回歩きました。ついでに描いた絵が大小あわせて40枚を超えました。
 今回は『山の邊の記』と題してご覧いただきます。


■Photo 江口 裕治(豊中市在住) 
 『RESULT 2015〜2016』
 2年前の開催の織りに、会社OB(上司)である写真が趣味の諸先輩の方々からいろいろのご提言をいただきましたが、まだその域 に達することが出来ずに、2回目の「二人展」となりました。
 それでも、舞妓さんの撮影会では「かんざし賞」を受賞したり、今年の撮影会でも入賞させていただくことが出来ました。
 今回は一人で歩み出したく極力一人で頑張ってみました。 ご教示いただければ幸いです。  

 (開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 
増井直人

江口裕治


(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.