2018 5/30 [ ] 2018 6/4 [ ]
市立ギャラリーいけだ
  
絹絵の世界展 久保義裕
早い櫻に誘われて、樹木の新芽もいつもより早く芽吹きました。
新しい年を祝う松竹梅、新しい門出を告げる櫻、新しい生命を伝える新緑。どれも心に染みる日本の原風景なのでしょう。
毎年繰り返されることでは、或る意味些末な茶番事なのかも知れませんが、それに触発され、絵筆を取りたくなるのも画家の業かも知れません。
冬籠もりで描き溜めた作品に加え、薫風の季節の中で感じた自らの萌芽も描きたいと思い、思いつきの所似ではありますが、このギャラリーでの12回目の個展を開催することに致しました。
ご高覧頂けましたら幸いでございます。

(開館10:00−19:00/最終日は16:00まで) 

(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.