『落語みゅーじあむ』 4月29日(祝)オープン

 「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など古くから落語の舞台として知られる池田市に、「池田市立上方落語資料展示館(愛称:落語みゅーじあむ)」が、4月29日(祝)にオープンいたしました。
 市立の落語資料展示館は日本初で、伝統文化の継承・発展や観光振興などを目的としています。"落語とのふれあいに"同館までぜひお越しください。
あとはオープニングを待つばかり
ざこばさん聞けるかな?無料落語会に長蛇の列
 ゴールデンウイーク初日の4月29日正午より、澄み渡る青空の下、笑福亭瓶太さんの司会で華々しくオープニングセレモニーが始まりました。
 まず「落語みゅーじあむ」開設にあたりご尽力いただいた方々による「くす玉開き」に続き、みゅーじあむ入場後、倉田薫池田市長、服部盛隆氏、桂米朝師匠、桂春團治師匠による「鏡開き」が行われました。乾杯の発声は米朝師匠が、閉会時は春團治師匠が音頭をとり「う〜ちましょ・・・」と華やかな「大阪締め」で締めくくってくださいました。午後2時からは一般の方の入場も始まり、館内は大変な賑わいを見せました。
 また4月30日から5月6日まで『オープン記念落語会』と題し、日替わりで、桂きん枝、笑福亭松喬、桂文福、笑福亭三喬、林家染二、林家染丸、桂ざこば、桂春之輔ほか沢山の落語家が出演する、無料落語会を開催。大勢の立ち見のお客さまがでるほどの盛況ぶりでした。
 
********************落語みゅーじあむを少し紹介********************
●1階は4台の大型プラズマディスプレイとパネル表示で4つのコーナーに分け、歴史をはじめ様々な角度から上方落語を紹介します。
  1、上方落語と池田 〜落語みゅーじあむのこと〜
     ・桂米朝師匠による ごあいさつ
     ・桂春團治師匠による ごあいさつ
     ・みゅーじあむご案内    出演:桂吉坊

  
  2.上方落語のあゆみ 〜落語家たちの歴史〜
     ・上方落語界きっての大看板 初代春團治   ごあんない:笑福亭三喬
     ・「池田の猪買い」原作者のひとり 露の五郎兵衛   出演:桂吉弥


  3.上方落語のネタ  〜作品とその舞台〜
     ・「天王寺詣り」の舞台 〜四天王寺    ごあんない:笑福亭三喬
     ・「高津の富」の舞台 〜高津の宮   ごあんない:笑福亭三喬

  
  4、上方落語を演じる  〜演出と特徴〜
     ・出囃子とハメモノ   出演:笑福亭三喬
     ・上方落語の小道具   出演:桂小春團治

このほか1階の壁面には「落語のネタ番付」「落語家系図」などのパネルや、上方落語に関する古い出番表やポスターなど、貴重な資料も展示しています。奥には本格的な高座もあり、今後若手落語家による落語講座や学生などによる寄席も予定しています。
********************次回更新時は2階の様子をご紹介します。お楽しみに********************


■ところ / 大阪府池田市栄本町7−3
■でんわ/072−753−4440
■開館時間 / 午前11時〜午後7時
■休館日 / 火曜日・年末年始(5月中は無休)
■入館料 / 無料(落語会などは木戸銭が必要)

落語みゅーじあむ についてへ戻る

落語みゅーじあむ イベント情報へ戻る

落語みゅーじあむ 今後の予定へ戻る


オープニングセレモニーはじまりです!
瓶太さんも飛び入り解説員
1階奥には本格的高座も
「おもろい?」「わからん?」未来のダブルあやめ
ざこば師匠・・・熱演!!
大雨の6日。でも大入りです。

(C)2006 Ikeda Citizen's Foundation for Promotion of Culture. All rights reserved.